大事な商標登録で知識を学ぼう

大事な商標登録

商標登録は特許庁で。

商品やサービスの呼び名を独占して使用する権利を有するためには、商標登録が必要です。この手続きは特許庁で行います。特許庁に、ネーミングやロゴなどの商標を出願するわけですが、その前に、ほかで使用されていないか商標調査する必要があります。ネットや図書館などで調べるほか、弁護士に依頼することもできます。もし同じネーミングがすでに登録されている場合は、出願することができません。また、出願すれば自動的に登録されるわけではなく審査が行われ、この審査には6か月から1年程度かかるといわれています。その結果、許可がおりると、正式に登録される運びとなります。もし、不許可になった場合は、交渉することも可能です。なお、不許可になる例ですが、すでに商標登録されているものと非常に類似性が高いほか、公共機関の商標と似通っているもの、紛らわしいものなどがあげられます。それ以外にも、「佐藤商店」など、ごくありふれた商標に関しても認められないことがあります。

商標登録と特許の違いは?!

それぞれの用語はよく耳にし、内容も何となくわかっている方が多いのではないでしょうか。でも、違いについてきちんと説明ができる方は少ないと思います。まず、商標登録では、商標権により商品名やネーミング、会社名やサービス名などが保護されます。ロゴとか記号、図形なども含まれます。一方、特許権の場合は、アイデアが保護されます。例えば、情報処理などの技術的な仕組みに関してのアイデアや新しく開発された新薬も保護されます。簡単に言い表すと、商標権はブランドを保護し、特許権はアイデアを保護します。ブランドとは、長年にわたり企業の努力によって蓄積されてきた信用であり、この信用が他人によって盗まれないように商標権によって保護するわけです。アイデアも同じく、盗まれないように特許権で保護しますが、これまでにあるような似たようなアイデアではなく、だれもがこれまでに思いつかなかった斬新なアイデアなどが条件となります。一方、商標の保護対象は信用ですが、商標自体これまでに既にあるような言葉でも問題はなく、商標登録の条件に商標の斬新性といったものは要求されません。

Favorite

胡蝶蘭の値段を検討する

2018/12/18 更新

▲TOPへ