大事な商標登録で知識を学ぼう

大事な商標登録

商標登録の概要;商標権の存続期間など

商標とは事業者が自社の取り扱う商品やサービスを他社のものと区別するために使用するマーク(識別標識)です。商標には、文字、図形、記号立体形状やこれらを組み合わせたものがあります。商標権を取得するためには特許庁へ商標を出願して商標登録を受けなければなりません。審査は特許庁で行われますが、申請をした時点の混み具合や特許庁の処理能力などにより、いつ審査が始まり、いつ審査結果がでるかは事前には知りえません。しかし、従来の実績から見て、申請後半年から1年後に商標登録されます(認められた場合)。商標権の存続期間は登録された日から10年間ですが、存続期間の更新登録を申請することができ、さらに10年間延長することが出来ます。この更新は何回でも繰り返すことが出来ます。尚、平成27年4月からは従来の商標に加えて、「動き商標」、「ホログラム商標」、「色彩商標」、「音商標」、「位置商標」についても商標登録できるようになります。

商標登録期間とは何か

昨今においては、商標の存在感が大きく増してきている状況があり、企業においても、その認識が大きくなっているといえます。商標とは、言ってみれば、その企業の顔ともいわれるほどの重要性を持つものであり、大きな存在感を持っています。今までにおいても、日本を代表するような企業については、多くの商標が話題を集めてきました。大人はもとより、子供たちにとっても、商標を見ることによって、その企業名やその企業の提供する商品やサービスが頭に浮かぶというほどのものであります。商標登録については、特許庁が行っており、多くの企業などが、連日のように商標登録を目的に訪れるといいます。その期間については、基本的に10年となっており、所定の手続きをすることにより、何度でも更新することができるとされています。グローバル社会が進行している中において、商標にまつわる話題がクローズアップされていくことは、間違いないといわれます。むろん、確かな商品やサービスがあることが大前提であります。

check

浜松の餃子を探す

最終更新日:2018/12/18

▲TOPへ