大事な商標登録で知識を学ぼう

大事な商標登録

商標登録にかかる費用は?

商標登録とは、商品名やサービスなどに関する呼び名を登録する制度のことです。商標登録することで、その名称を独占できるようになり、ほかの人が同じネーミングを使用できなくなります。また、商標登録は特許庁で行いますが、文字商標のほか、図表商標や立体商標もあり、ロゴマークやマスコット人形を登録することも可能です。登録にかかる費用ですが、調査料、出願料、審査対応料、登録料が発生します。調査料とは、すでに商標が使われていないか確認する作業で、一般的に弁護士に依頼します。また、登録が完成すると、更新時に、その都度登録料がかかります。これは、十年分一括と五年分分割の二つの支払方法があります。また、区分ごとに登録料金が発生します。区分とはジャンルを意味し、たとえばエステ関連の商標で「化粧品」「美容・理容」の両方のジャンルに登録したい場合は、二区分の料金が必要になるというわけです。なお、登録は早いもの勝ちなので、早目に手続きをすることです。

商標登録の費用について注意すべき点

商品のロゴをデザインした際に商標登録を行うことがあります。多くの人は自身で登録の手続きをせずに専門の業者に依頼することになりますが、その際の費用について以下の様な点に注意しておかないと、様々なデメリットが発生することがあります。まず挙げられるのが支払い総額についてで、登録を行う際に支払う金額は、それらの専門業者に支払う金額のほか、印紙代などの固定の金額が発生します。しかし業者の中には自身の手数料も固定の金額に計上し、不必要に高額な金額を請求することがあります。そのような事態を防ぐために、金額の請求をされた際はしっかりと内訳についても確認しておく必要があります。次に挙げられるのが付随費用です。通常商標登録を行う際は、事前に他人の商標を侵害していないかの調査を行う必要があります。自身で行うのであれば問題ないのですが、業者に依頼する場合、思った以上に高額な金額になってしまい、場合によっては商標登録の費用を捻出するのが難しくなることもあります。そのため依頼する前に見積もりをとっておくなどの対策を行っておかねばなりません。上記の注意点をしっかり抑え、商標の登録をすることをお勧めします。

Valuable information


デザイン住宅 群馬


2019/7/23 更新

▲TOPへ